中国史

価格
本体3,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 古代文明の起源から香港返還後の今日まで,多彩に織りなす悠久の歴史を,最新の研究をもとに通観する。東アジア世界のなかの中国という視点から,日中関係を中心とした外交問題にも多くふれながら歴史を叙述する。
ISBN:
978-4-634-41330-6
シリーズ: 新版 世界各国史 3
著者: 久保亨  平勢隆郎  石井明  金子修一  宮澤知之  尾形勇  岸本美緒  杉山正明  並木頼寿 
刊行:
1998年6月
仕様: 四六判  ・  584ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 「中国」とは何か
第一章 古代文明と邑制国家
  1 中国文明の揺籃
  2 殷王朝
  3 西周王朝
  4 春秋戦国時代
第二章 皇帝支配の成立
  1 邑制国家の崩壊
  2 始皇帝の登場
  3 漢帝国の成立と発展
  4 漢朝の再興
  5 分裂の時代
第三章 帝国の分裂と再統合
  1 南北朝の成立
  2 北朝政権の伸長
  3 隋唐帝国の登場
  4 唐朝の衰亡
  5 隋唐の国際関係と文化
第四章 東アジア世界の変容
  1 五代十国と宋朝の成立
  2 宋代の社会と経済
  3 王安石の新法と北宋末の政治
  4 北方民族の台頭-遼と西夏
  5 南宋と金の抗争
  6 大元ウルスの出現
  7 中華の再統合と陸海の巨大帝国
  8 ユーラシア大交流と変わりゆく中華
第五章 中華帝国の繁栄
  1 明帝国の成立
  2 明末-激流の時代
  3 明から清へ
  4 清中期の盛世-拡大と破綻
第六章 動揺する中華帝国
  1 清朝支配体制の危機
  2 内乱と「中興」
  3 中華帝国の再編と国家建設の構想
  4 清末の改革から革命へ
第七章 中華復興の試み
  1 民国の創建
  2 国民革命と国民政府
  3 抗日救国のうねり
  4 冷戦と戦後中国
第八章 人民中国の光と影
  1 中華人民共和国の成立
  2 急進政策の展開とその破産
  3 現代化への道を歩む中国
  4 未完の中国統一

付録
索引/年表/参考文献/王朝系図/写真引用一覧/図表資料一覧