大人のための国語ゼミ

価格
本体1,800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 論理トレーニングは国語に行き着いた!

~もう国語の授業から離れてしまった人のために、
つまり子どもたちのためではなく大人たちのために、国語の授業をしよう。
といっても、小説の読み方を学ぼうというのではない。生活や仕事で必要な普段使いの日本語を学ぶ。
「はじめに」より~

本書は、論理トレーニングの生みの親である著者が、国語の力がなぜ重要なのかをわかりやすく語り、
実践に役立つかたちで編み出した紙上ゼミである。
67の問い、37の例文の前に、実際に手を動かし、汗をかく。
そうすることで、楽しみながら、言葉の力を味方にすることができるようになる。

さらに「国語の力」は、質問する力、反論し、そこから議論を発展させる力にも広がっていく。
相手にわかりやすく伝えようとする力、相手の意見を正しく受け取り、発展させて、
さらに議論を深めていく力、独断を排し、自分の考えの根拠を疑ってみる力——
これは、個人が求められるものであると同時に、いまの社会が最も必要とする力である。

なにも、名文じゃなくていいんだ!相手に負担をかけずに伝わる達意の文章を書けるようになろう。
ISBN:
978-4-634-15121-5
著者: 野矢茂樹 
刊行:
2017年7月
仕様: 四六  ・  288ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
1.相手のことを考える
2.事実なのか考えなのか
3.言いたいことを整理する
4.きちんとつなげる
5.文章の幹を捉える
6.そう主張する根拠は何か
7.的確な質問をする
8.反論する 
本書のポイント:
1) 本書は、ベストセラー&ロングセラー『論理トレーニング』の筆者が、3年の時間をかけてつくった、本気のトレーニング・ブックです。
2) 中学校の国語教科書の編集経験を生かし、実用的な日本語の基礎から、ビジネスの場面で、質問し反論し、議論を育てる言語能力までを網羅。解説だけでなく、自ら手を動かしてもらうことで力がつくように設計しています。
3) 問題文は著者が書き直し、実用的でおもしろい内容を集め、イラストとともに楽しく学ぶことができます。
【こんな悩みをお持ちの方】:
□相手にきちんと伝わるように話せない。
□文章を読んでも、素早く的確にその内容が捉えられない。
□分かりやすい文章が書けない。
□質問に対して的確に答えられない。
□議論をしていても話があちこちに飛んで進まない。
□言われたことに納得できないのだけどうまく反論できない。
野矢茂樹(のや・しげき):
東京大学教授。『新版論理トレーニング』の他の著書として、『哲学の謎』『無限論の教室』(講談社現代新書)、『入門!論理学』(中公新書)、『哲学な日々』(講談社)などがある。現在、朝日新聞書評委員、ラジオ深夜便「大人の教養講座哲学」を担当。