やさしい信仰史 神と仏の古典文学

価格
本体1,600円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 仕事や恋に悩み、死を恐れる。人が神仏にすがりたいと思う気持ちは、いまも昔も変わらない。古代、中世の人びとの信仰のかたちを古典文学から読み取り、この国に根付くゆるやかな信仰の歴史をひもとく。
ISBN:
978-4-634-15067-6
著者: 佐々木和歌子 
刊行:
2014年9月
仕様: 四六判  ・  280ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はじめに
第一章 愛する人は黄泉の国へ
    - 『古事記』『万葉集』の「死後」
  萌え出づる人々
  生きて死ぬ存在に
  黄色の世界
  「黄泉」には行きたくない
  ヤマとトリ
  歌が魂を鎮める
  そして仏教がやってきた
第二章 地獄と極楽
    - 『源氏物語』と浄土教という救い
  阿弥陀さまのおひざもとへ
  『往生要集』の衝撃
  藤原道長からラブコール
  地獄と極楽に出会う女たち
  女性を救う教え
  地獄に落ちた六条御息所
  浮舟の救済
  極楽往生はだれのため
第三章 女たちの「法華経」
    - 和泉式部と『更級日記』、そして遊女たち
  けしからぬ人
  この暗き道を照らせ
  よくわからないけど尊い
  竜王の娘、男に変身する
  来世よりいまでしょう
  集団のエクスタシー
  闇を生きる女たちの歌は
第四章 魂よ、よみがえれ
    - 『蜻蛉日記』のミソギと物詣で
  ミソギとハラエ
  水を求める女
  女の身体と水
  「本音」の信仰
  水辺の観音さま
  物詣でというメンタルケア
  観音さまの申し子
第五章 平安貴族たちの習俗と「道教」
    - 王朝文字のスパイスとして
  気がつけばそこに「道教」
  実はそれも道教です
  日本にも「仙人」がいた?
  丑の刻参りのルーツ
  公務員か、エスパーか
  浮気に便利な陰陽道
  鬼やらい
  神さまに告げ口する虫
第六章 平安京を襲う御霊、物の怪
    - 菅原道真と『源氏物語』『栄花物語』
  怨霊の都
  エリートの凋落
  そして神になった
  中関白家の亡霊
  心の鬼
  利用される物の怪
  「生き霊」という悲しみ
  物の怪には加持祈祷を
第七章 交じり合う神と仏
    - 歌僧・西行と神仏習合のゆくえ
  神と仏が棲む里
  かたちをもちはじめる神
  やさしい仏はいらない
  桜に魂を浮かれさせる
  憂いのない男の出家
  歌は神仏に通じる
  思へば神も仏なりけり
  神々の下剋上
  過激化する神への信仰
第八章 「念仏」を求めた武士たち
    - 『平家物語』と法然のなみだ
  奈良を焼いた男
  極楽から遠く離れて
  血で汚れた手
  さすらう法然
  悪人でも救われる
  専修念仏フィーバー
  逆境の念仏
  「