史学雑誌 第127編 第5号 2017年の歴史学界 回顧と展望

価格
本体2,971円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 『史学雑誌』は、1889年(明治22年)の創刊以来、120余年の歴史をもつ、日本で最も古い歴史学の学術雑誌です。
5号「歴史学界―回顧と展望」は、前年に日本の歴史学界において発表された研究成果や、海外で刊行された日本人の著作を、各地域、時代ごとに論評する特集号です。
刊行:
2018年6月
仕様: A5判
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
2017年の歴史学界――回顧と展望――

総説:髙山 博

歴史理論:戸邉秀明

日本
 考古:中沢祐一・中村耕作・石井智大・原田昌浩・木村 聡
 古代:西宮秀紀・早川万年・丸山裕美子・北村安裕・梅村 喬・古尾谷知浩・廣瀬憲雄
    吉田一彦・上川通夫・原 浩史
 中世:上島 享・熊谷隆之・小原嘉記・坪井 剛・山田 徹・橋本道範・平瀬直樹
    萩原大輔・河内将芳・藤元裕二
 近世:牧原成征・立石 了・荒木裕行・福元啓介・彭 浩・佐藤 雄介・小松愛子
    多和田雅保・横山浩貴・若山太良・下田桃子・三ツ松 誠・金 炯辰
    竹ノ内雅人・河村真澄・角和裕子・樋口一貴
 近現代:真辺将之・武藤三代平・袁 甲幸・荒船俊太郎・松田好史・竹内 桂
     廣木 尚・上田美和・松谷昇蔵・渡邊桂子・嶌田 修・小杉亮介・佐竹康扶
     長井景太郎・李 英美・迫内祐司

東アジア
 中 国
  殷・周・春秋:石川岳彦
  戦国・秦漢:植松慎悟
  魏晋南北朝:梶山智史
  隋・唐:山口正晃
  五代・宋・元:藤本 猛
  明・清:村上正和
  近現代:小野泰教・杜崎群傑
  台湾:清水美里
  朝鮮:植田喜兵成智・押川信久・李 穂枝

内陸アジア:岩本篤志・池尻陽子

東南アジア:川口洋史

南アジア:内記 理・池亀 彩

西アジア・北アフリカ:安岡義文・渡井葉子・亀谷 学・佐藤尚平

アフリカ:小林和夫

ヨーロッパ
 古代
  ギリシア:竹内一博
  ローマ:飯坂晃治
 中世
  一般:亀長洋子
  西欧・南欧:亀長洋子
  中東欧・北欧:津田拓郎
  イギリス:西岡健司
  ロシア・ビザンツ:貝原哲生
 近代
  一般:土屋好古
  イギリス:薩摩真介・正木慶介
  フランス:長井伸仁
  ドイツ・スイス・ネーデルラント:小林繁子
  ロシア・東欧・北欧:阿南 大
  南欧:勝田由美
  一般:鍋谷郁太郎
  イギリス:赤木 誠
  フランス:宮下雄一郎
  ドイツ・スイス・ネーデルラント:芦部 彰
  ロシア・東欧・北欧:姉川雄大

アメリカ
  北アメリカ:鰐淵秀一・南 修平
  ラテン・アメリカ:横山和加子

執筆者紹介
編集後記
史学文献目録:西洋史Ⅱ
会告
英文目次