センター試験への道 日本史(第6版)

価格
本体1,000円 + 税
在庫: 誠に申し訳ありません。品切れです。
メールまたはお電話でお問い合わせください。
解説: センター試験の問題を教科書の章立てに合わせて再構成し、誤りやすいポイントを解説する。2004~2015年の問題を収録。センター試験の分析・対策に最適。2色刷。
ISBN:
978-4-634-01053-6
著者: 久我純一  松本晃和  横関浩司 
刊行:
2015年7月
仕様: B5判  ・  148ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
本書の効果的な利用法:
①「日本史A」を除く過去12年間(2004~2015年)のセンター試験の本試験・追試験のすべて(2006年以降は本試験のみ)の問題を小問ごとに分類して、原則として山川出版社の『詳説日本史』の配列に従って並べかえています。これによって過去のセンター試験ではどの部分が出題されているのか、または出題されていないかがわかります。今後の傾向を知る上での参考になると思います。また、教科書の進度に合わせて活用することもできます。

②どの選択肢にも原則として解説を付けて、なおかつ必要に応じて史料等の解説も加えています。これによって日本史の特約でない受験生でも自分で学習できます。

③解説は字数の制約があってコンパクトにまとめていますが、受験に必要な知識をできるだけ網羅して、特に重要な事項は赤字にしています。また歴史の大きな流れや時代背景がわかるようにも解説を行っています。従ってこの問題集は参考書も兼ねている内容になっているので、この問題集1冊を解くことによって受験に必要な力が十分に身に付くようになっています。

*出題年度の後の〔本〕・〔追〕は、それぞれセンター試験の本試験・追試験を示しています。